2008.02.01 *Fri

ポルノグラフィティがやってきたZepp Tokyo初日レポ

さあようやく金曜日になって火曜日のレポやりますよー

まあまずはグッズ

ラグランのTシャツは待望のグッズだあ

パーカーも薄手で春にいいかんじ

てなわけでZepp初体験だったけどもレポいきます

もう何週間もネタバレみないでいるの大変だったー

けどみないでいてよかったー

以下ネタバレです
整理番号が800番台だったので早めに入れたんだけども
ロッカーで手間取って3ブロック目っつーのかな
仕切りの前から三つ目
ちょい晴一さん側

ステージは楽器の後ろにPORNO GRAFFITTIの幕と
その上に鉤爪状っつったらいいのかな
分かりづらいたとえだと
Central League Championってセリーグの優勝球団の旗の下にたなびく旗の形の
LEDがあった

っていうかオレの位置からめちゃくちゃNang-Changが見えた
一応舞台裏にいるっていう体

01.ポルノグラフィティがやってきた(ロックバンドがやってきたのEnglish ver.)
なんか外国人の子供たちの合唱でした
メンバーの登場曲になってましたね
いつぞやのFUNCLUB UNDERWORLDでもCLUB UNDERWORLDは登場曲だったみたいだし
ツアータイトルになると登場曲になることが多いようだね
オレCupidは別か

今回のメンバーはアルバム「ポルノグラフィティ」のレコーディングメンバー
Bassが根岸さん aikoの小鳥公園とかビードロの夜の編曲のひと
Drumsが松永さん ポルノのレコーディングのドラムはずっとこのひと
Keyboardが本間さん ご存知ポルノのプロデューサー 作曲編曲センスはすごい

この曲で気になったのは
「コール アンド レスポーンスー」のリズムが英語で著しく違ったこと 笑

02.Please say yes,yes,yes
まあアルバムでもロックバンドとPlease sayはつながってるんでこれは予想できたにしろ
やっぱりこれはあまりにライブハウス向けな曲といえる
冒頭のヒートアップ率はすごかった
あとサビのクラップが盛り上がりやすい
っていうかこれギターもって歌うのかよ
昭仁さんはパンパンできないじゃん
まあ間奏後のとこはできるけども

03.メリッサ
根岸さんのベース かなり味あるなおい
森男のブイブイともTamaの洗練されたかんじともちがう
しかし昭仁さん唄上手い

04.Light and Shadow
これはかっこよかった
LEDのキラキラ感がかっこよかったわ
この曲の一番のポイントだったのは
大サビの「叫びたいぃ~」のトコがCDだと裏声なのに表で出てたこと

05.リンク
オレの最初の予想ではこれが一曲目だったのに違った
聞くのはMステ以来二回目じゃ
なんかすげー歌いこまれて熟れてるってかんじ
CD音源よりよくなってる

06.ミュージック・アワー(BITTER SWEET MUSIC BIZの時のアレンジ)
これイントロだけでミュージックアワーとわかってしまった
ギターソロがCDと一緒のやつの前に足されてたのがいいね
このアレンジ オレは勝手にEarth wind and fireアレンジって呼んでるんだけども
結構好き
やっぱりヨコヨコタテタテの振りはガチですな

07.ウォーカー
おぉー ライブ映えするのね意外と
あのギターの音 ジェロニモと似た音するとおもったら同じギター

08.農夫と赤いスカーフ
これ今回のライブで一番予想以上の出来だった
もう昭仁さんの声が出るのがみてて気持ちよくて仕方がない
このライブで成長した曲なのかも
いやー しかしこれはよかったな 表と裏声どっちも伸びるかんじ

09.そらいろ
故郷の友達を思い出して書いたっていうちょいMCのあと
周り結構ないてる人いたなあ
響かせどころでした
かもーん♪のところはライブだといいね
なぜかくちびるにうたとか夜明け前にはとかが聞きたくなった
なぜだ

10.鉄槌
ダーク!これは予想通り赤いライト!
そして予想以上に出る声
あんな高いのに
そして予想外の長い間奏
結構ライブでやってる長い間奏
楽器+昭仁さんの裏声
音のない森(PURPLE'S)とかTwilight、トワイライト(SWITCH)とか
まさかこの曲でくるとは
オレは空蝉でくるとおもってた
いやでもねこの間奏で晴一さんの青いギターの響くこと響くこと
全体として不快な調和が見事に表現されていたとおもう

っていうか気付いたら後ろのPORNO GRAFFITTIの幕がなくなって後ろからもう一枚LEDが出てきた

11.空蝉
これは早いとこと遅いとこがいい感じに脳を麻痺させてくれました
これの間奏のとこだとおもったんだよなあ 長い間奏

ここのMCで昭仁さんがまさかの発言
ポルノ以外の曲やります

ええええええ と思いましたよ カバーですかよ と

したら

でも作曲者は本間さん 作詞は晴一 

ん???

まさか・・・・

BUZYか!!!!!

そうそのまさか

12.
うわー これはオレがいつも考えてる
もしもポルノがライブでこんなことやったら
のひとつじゃないですか
BUZYも解散しちゃったしBUZYカバーはもうねえかな とおもっていたのにまさか
オレめっちゃノリノリだったけど
もしかして周りそんなに知らない・・・・?
まあでもオレ的にめさくさサプライズだったのでよし
これはいい思い出になった
根岸さんのチョッパー

13.My 80's
きたー ハルイチテクノ
後ろのLEDに歌詞に合わせた映像がいちいち登場するのがかわいい
あと間奏の3・3・7拍子で
本間さんが根岸さんの後ろにでてきて 日の丸扇子二つ持って踊ってるのに驚いたけど
それと同時に客席の前の方に日の丸扇子 もってるやつがいたのには驚いた
っていうか笑った

14.ネオメロドラマティック
これは盛り上がったなあしかし
ちょっとマイナーでマニアックな曲のあとに
会場がぐっと一つにまとまった感じ
いまこの曲のギターソロ練習してるけど
晴一さんがうますぎて絶望

15.ジョバイロ
昭仁さんがセミホローのサンバーストのやつ
晴一さんがアコギを持った時点でなんの曲かわかっちまったぜ
あとこれもギターソロ練習してるんだけども
俺の弾き方とは柔軟性がちがう
昭仁さん声伸びすぎ
ぶたいのまんなかにーーー

16.ROLL
きたーーーーああああ とおもった
これは聞きたかった
アレンジがシンプルだからライブハウスでもやりやすそうだからやるかな
とはおもっていたけど いいねえ
晴一さんがテレキャスだから全体のバランスもいいし
「恐れてたんだ」のところどうするのかなあ とおもっていたら
真っ暗+昭仁さんから後光 でした
いい歌詞

17.ハネウマライダー
イントロの晴一さんの台詞は横浜ロマンスポルノ以来だああ

でっさ
ここってタオルをサビで振り回すのに必要じゃんか
でもおれ持ってってなくって相当あせってたのよ
でも じゃじゃーじゃじゃーじゃ じゃっじゃっじゃーじゃー のあとにテープが!!!
飛び出してきたテープをぶんぶんふりまわしましたよ

個人的にはこれでもう満足とおもってたのにまだ続くんですよこれが

18.マシンガントーク
これ最初のイントロがなにかわからなかった
昭仁さんがしきりにマイクスタンドを会場に構えてたんだけど
いま考えたんだけどあれ マシンガン なのね
で、Aメロの間の間奏はモンキーダンスですよ
初☆生モンキー
でもGoot time bad timeの振り知ってる人少ないみたいだったな
よく考えれば74ers以来だし そもそもその時も知ってる人少ないみたいだったなぁ
ちょっとさみしいな
でも間奏のあとに Good time(ぐったい!) Bad time(ばったい!)のコールアンドレスポンスがあってよかったね

ライブ以来一番聴いてるポルノの曲はこれでーす

19.ベアーズ
これイントロが流れ出してから
あ、そうだまだこれがあったわって思ってしまった
本編最後だけど
そんくらい満足なセトリだったわけだ
後ろのちょっとゆがんだLEDにうまく野球の映像がでててよかった
昭仁さんもかなり歌詞に合ったフリとかしてて 歌いこんでる感あった
やっぱ野球いいね

んでアンコール!

En1.あなたがここにいたら
生あなここ!
いいねぇ あなここ いいねぇ
歌詞がしみるねえ
重要な歌詞のところ 後ろに歌詞がでる演出 にくいねええ

En2.ジレンマ
やっぱ最後はこれよね
なんか跳ねるリズムがいつもとちがった
いつもは ほっほっほっほっ!ほっほっほっほっ! で跳ねてたのが
今回は ぅーはいっ!ぅーはいっ!ぅーはいっ!ぅーはいっ! になってた
本間さんのギターソロもそれにひきずられてたし
根岸さんはチョッパーだった 松永さんもうっめえ

最後の挨拶もライブハウスだと聞こえやすいねぇ

あとMCも全体的におもしろかったなぁ
お客さんにあんまりぎゅぅぎゅぅにならないように指導するさまw
お客さんがひとりも入らなかったインディーズ時代
あなここのしっとりからジレンマの盛り上がりまでもってくかんじとか

でもこの曲の流れはいいとおもうわ
盛り上げ→しっとり→ハード→超盛り上げ っていう基本的な流れね
いいライブだったわ
いまんとこ近さとかサプライズ感とか曲目とか総合で生涯最高だわ

あと出待ちしちった 

後日談:
なんかあとでみたらもう一種類セットリストがあって
そっちはなんと順番が逆と見まごう感じ
ベアーズから始まってPlease sayで終わるらしい
それはどう響くのだろうか 非常に興味がある
でネオメロ、80's、鯨の代わりにパレット、黄昏、モンスターだったらしい
パレットは聞きたかったなあ 米学校時代一番聞いてた歌だし
Fairlifeもね でもFairlifeなら冬休みかなあ
でも鯨はぜええええええったいききたかったから今回のでラッキー

ともかくポルノグラフィティ良い
CATEGORY : つぶやき

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


名言!

プロフィール

DARNY

  • Author:DARNY
  • (旧RANNY)

    2010年保存してあったログを間違ってインポート→しかも間違って古いほうを削除してしまったので、一部の過去の記事の記事ナンバーがおかしくなってますが、基本的に日付がその記事を書いた日ですよ。

    伊集院光信者

    邦楽大好き

    アイドル大好き

    葱類愛好

    口癖は
    「その歌なら振り付けまで完璧だから」
    「心が折れた」

    このサイトの名称はポルノグラフィティ「蝙蝠」より
    副題は気まぐれで変えてます

    昔、同時期にブログを始めた同級生の動向がわからんのです

    since: 20 May, 2005



ブログ開始から何日経った?



ブログ内検索



月別アーカイブ



カテゴリー



QRコード

QR



Copyright © 蝙蝠の帰る家~aozora drive~ All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・